泡盛

原料 泡盛 原料 泡盛

泡盛の度数 泡盛のアルコール度数は、 30%が多いです。 酒類表示に「泡盛」を使用することはできなかったが、1983年に「当該品目の名称以外に一般に慣熟した呼称があるものとしてで定める酒類」として例外的に「泡盛」の表示が認められるようになった。 泡盛の名前の由来は、「酒を注いだときに泡立つことからから名付けられた」説をはじめ、諸説あります。

14

琉球泡盛

原料 泡盛 原料 泡盛

先に挙げた方法ほどアルコールの減少が少なく、泡盛本来のクリアな風味となり、後者になるほどアルコールが揮発して丸くなりやすく、容器から溶出した成分のため複雑な風味となるといわれている。

12

「泡盛」ってどんなお酒? 原材料や製法から見えてくる魅力【焼酎用語集】 | ガジェット通信 GetNews

原料 泡盛 原料 泡盛

それが、泡盛を造るためのタイ米だったのです。 瓶貯蔵の泡盛は軽快な香りがあり味は淡麗で、かつアルコールがなれた丸さがあります。 コーヒーのすっきりした苦味が泡盛を驚くほど飲みやすくしてくれます。

11

泡盛と焼酎の違いはどこ?作り方や原料の比較を分かりやすく解説!

原料 泡盛 原料 泡盛

泡盛を造りだす「単式蒸留機」 泡盛作りのポイントともなるのが、「単式蒸留機」を用いること。 「 その泡盛の 全量を3年以上貯蔵したもの又は仕次ぎしたもので、3年以上貯蔵した泡盛が、仕次ぎの後泡盛の総量の50パーセントを超えるものでなければ古酒と表示してはならない。

泡盛とはどんなお酒?高い度数のワケや原料、古酒との関係、焼酎との違いや歴史を徹底解説!

原料 泡盛 原料 泡盛

一方、 焼酎の方は、黒麹(くろこうじ)を使った製品もありますが(霧島酒造の「黒霧島」などがそう)、それに限定されず「 黄麹(きこうじ)」や「 白麹(しろこうじ)」と言われる種類の麹も使われます。

17

泡盛と焼酎の違いはどこ?作り方や原料の比較を分かりやすく解説!

原料 泡盛 原料 泡盛

天竺酒の製法について、「桄榔樹の漿、焼きて酒を成す」 と記されているので、(桄榔)を原料としたヤシ酒(蒸留酒)、おそらくのようなものだったのであろうと考えられる。

6

泡盛と焼酎の違いはどこ?作り方や原料の比較を分かりやすく解説!

原料 泡盛 原料 泡盛

対して焼酎の原料は主にジャポニカ米(日本米)または麦を使用します。 泡盛の原料にタイ米を使う理由 「泡盛」と名乗るための条件に、米の種類は限定されていませんが、琉球泡盛ではタイ米を使うのが一般的です。

4