徒然草「木登り名人」の現代語訳

全文 徒然草 全文 徒然草

意味は先輩) 徒然草の仁和寺にある帽子の 現代語訳です 仁和寺にいた法師が、年をとるまで岩清水八幡宮に参拝したことがなかったので、情けなく思って、ある時思い立って、たったひとりで歩いて参拝した。 望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる、木の間の影、うちしぐれたる村雲隠れのほど、またなくあはれなり。 この『徒然草』の制作年は、1330年から1331年にまとめられたという説や、長年書きためた文章を1349年頃にまとめたという説が有力です。

徒然草第137段

全文 徒然草 全文 徒然草

人は、かたち・ありさまのすぐれたらんこそ、あらまほしかるべけれ、物うち言ひたる、聞きにくからず、愛敬(あいぎょう)ありて、言葉多からぬこそ、飽かず向かはまほしけれ。

7

『徒然草』の19段~21段の現代語訳

全文 徒然草 全文 徒然草

更新履歴 基本的に大規模な更新は滅多に行われません。

8

『徒然草』第155段「死は、前よりしも来きたらず」現代語訳

全文 徒然草 全文 徒然草

て月を恋ひ、垂れこめて春の行衛知らぬも: <あめにむかいてつきをこい、たれこめてはるのゆくえしらぬも>と読む。 吉田兼好『徒然草』の冒頭 〈原文〉 つれづれなるままに、日暮らし、 硯 すずりにむかひて、心に うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしう こそものぐるほしけれ。

『徒然草』第155段「死は、前よりしも来きたらず」現代語訳

全文 徒然草 全文 徒然草

スティーブ・ジョブズも『徒然草』を読んでいた! いずみにはてあしさしひたして、ゆきにはおりたちてあとつけなど、よろずのもの、よそながらみることなし。 閑かなる山の奥、無常の敵競ひ来らざらんや。

4

国語教育ワークシート

全文 徒然草 全文 徒然草

楽天ブックス. 六月(みなづき)の比、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火(かやりび)ふすぶるも、あはれなり。 花の本には、ねぢより、立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒飲み、連歌して、果は、大きなる枝、心なく折り取りぬ。

17