源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

現在まで、圏における唯一の完訳であり、また、訳の質も非常に高く、評価を得ている。 で訪れた源氏と一夜をともにするが、自分が人妻であることを考え、源氏を遠ざける。

5

源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

原文からの抄訳版は、2013年にアリエル・スティラーマンによる「桐壺」巻が早稲田大学で発表された()。 第1期においては、『源氏物語』は上流下流を問わず貴族社会で面白い小説として広く読まれた。 後者はその人物設定や筋立てに多くの類似点が見受けられる。

源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

執筆動機 [ ] なぜ、紫式部はこれほどの長編を書き上げるに至ったのかという点についても、直接明らかにした資料は存在せず、古くからさまざまに論じられている。

源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

大監物 、の親子が校合したもの。 それでも、室町時代半ばごろから藤原定家の流れを汲むの活動により、古い時代の本文により忠実だとされる「青表紙本」が優勢になり、逆に「河内本」の方が消えてしまったかのような状況になった。

18

源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

特に、最後の10帖は「 宇治十帖」と呼ばれ 、とを舞台に、・の2人の男君と宇治の三姉妹の恋愛模様を主軸にした仏教思想の漂う内容となっている。

17

源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

以上第三部 以上の54帖の現在伝わる巻名は、紫式部自身がつけたとする説 と後世の人々がつけたとする説 が存在する。 『源氏物語』がどのような経過で成立したのかを根拠づける外部資料は少なくとも今のところ存在せず、『更級日記』などの記述をみても、成立してほどない時期から、『源氏物語』は今のような五十四帖すべてが完成した形で読まれてきたと考えられることから、たとえ『源氏物語』の成立過程がどのようなものであるにせよ、『源氏物語』の研究・鑑賞は五十四帖すべてが完成した形での『源氏物語』に対して行われるべきである。 その巻の中に使用され、和歌の題材にもなっているもの 「夕顔」「末摘花」「賢木」「須磨」「明石」「蓬生」「松風」「朝顔」「少女」「初音」「胡蝶」「蛍」「常夏」「篝火」「藤袴」「若菜」「柏木」「鈴虫」「竹河」「総角」「早蕨」「東屋」「蜻蛉」 他の巻に見える言葉に由来するもの 「紅葉賀」 巻の中の語句を転用したもの 「花宴」 巻の中で描かれている出来事に由来するもの 「絵合」 巻の主題とおぼしき語句を用いたもの 「夢浮橋」 本文そのものが存在しないもの 「雲隠」 成立・生成・作者に関する諸説 [ ] 現在では3部構成説(第1部:「桐壺」から「藤裏葉」までの33帖、第2部:「若菜上」から「幻」までの8帖、第3部:「匂宮」から「夢浮橋」までの13帖)が定説となっているが、その成立・生成・作者・原形態に関しては古くからさまざまな議論がなされてきた。

15

源氏物語

の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予 の の 関連 国 は 次 か どれ うち 深い の 事柄 と 氏 忽那 伊予

夕顔のことも生き霊となって取り殺したという説もある。

4