道元禅師の教え いのちのある限り 好んで愛語すべし

禅師 道 元 禅師 道 元

こうした背景のもとに著された『典座教訓』の内容を次頁にて紹介します。 それを聞いてその求道者は大変悲しみ畏れ、イエスの前を去って行く。 〔道号〕紫石。

道元のことば④貧に道あり

禅師 道 元 禅師 道 元

〔渡来〕正徳元(1711)年5月15日。 4 道元禅師の著述『正法眼蔵』「菩提薩埵四摂法(ぼだいさったししょうぼう)」の巻の中に〈愛語〉の教えがあります。

11

道元禅師修行の地・天童寺を訪ねる

禅師 道 元 禅師 道 元

〔渡来〕承応3年隠元に随従。 大本山永平寺の峨山石 貞治2年(1363年)、曹洞宗の高祖・道元禅師の没後110年目、峨山禅師88歳の時、永平寺に報恩の拝登をされました。 その典座の行うべき職責を、非常に細かく丁寧にお説き下さった書物が『典座教訓』です。

18

道元禅師のご遺蹟巡拝ガイド|曹洞宗について|曹洞宗近畿管区教化センター

禅師 道 元 禅師 道 元

在世の比丘必ずしも皆勝れたるにあらず。 これから行く、阿育王寺、浄慈寺の仏像群もすべて破壊され、20年以内に造られたものばかりである。

道元禅師と『典座教訓』

禅師 道 元 禅師 道 元

正法眼蔵随聞記 (伊藤秀憲・東隆眞訳註)• 11.道元禅師の教えは、只管打坐(ただ座ること)。 みんなそれぞれ生まれながらに備わっている衣類だとか、食事の量というものがあるんだ。 〔生〕明治20(1887)年。

14

「道元禅師全集」一覧リスト

禅師 道 元 禅師 道 元

天台宗の僧・公円から天台教学を学ぶ 建暦3年(1213)になると天台宗の総本山である比叡山の天台座主公円に剃髪され14歳にして出家します。 暉 き 道人。 建保3年() (三井寺)のの元で教学を修める。

永平寺と道元禅師

禅師 道 元 禅師 道 元

これは仏物己用 ぶつもつこよう という罪になるんですね。 そうであれば、日ごろ気づかず見えてこなかった愛語も目の当たりに現れます。 〔著書〕 『聖寿千呆禅師語録』15巻、『黄檗賜紫千呆禅師語録』6巻。

14

正法眼蔵

禅師 道 元 禅師 道 元

柔道の道場にかけられている創始者の写真の様なものです。

16

道綽

禅師 道 元 禅師 道 元

〔法系〕万寿派吸江下。 日本で今依然として飽食の時代が続いておりますけれども、世界的にみれば、貧困の国というのはあるわけですね。

3