該当成分の製品(後発品) & 薬価

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

抗不安薬が長期に必要な方• メイラックスは、抗不安作用は「やや強め」です。 効果が不十分な方は、2mgまで増量できます。 実際にメイラックスを使うべきかどうかはは主治医とよく相談して判断して下さい。

17

ロフラゼプ酸エチル

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

十二指腸潰瘍の緊張• の不安• 作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。 神経症の緊張• 抗不安作用がそれなりに強い• 神経症や心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群)の不安・緊張・ゆううつな気持ち・易疲労性・睡眠障害などの精神症状をやわらげます。 ここから考えると、• 中等度の抗けいれん作用 といった各作用の強さを持ちます(個人差もあり、あくまでも目安になります)。

ロフラゼプ酸エチル錠1mg「トーワ」

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

重症筋無力症• 神経症における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害 心身症(胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における不安・緊張・ 抑うつ・睡眠障害 ジェネリック医薬品との違い メイラックスには薬価の安いジェネリック医薬品が販売されています。 抗けいれん作用..けいれんを予防したり抑えます。

12

ロフラゼプ酸エチル錠の効力

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

抗不安作用..おだやかな作用で不安や緊張感をやわらげます。

7

ロフラゼプ酸エチル錠の効力

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

小児 0歳〜14歳• 毎日定期服用するほか、症状の思わしくないときに頓服するよう指示されることがあります。

2

ロフラゼプ酸エチル錠1mg「トーワ」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

シメチジンが肝での代謝(酸化)を抑制して排泄を遅延させ、半減期を延長、血中濃度を上昇させるためと考えられている。

ロフラゼプ酸エチル錠の効果・効き目の強さ

酸 エチル 錠 ロフラゼプ 酸 エチル 錠 ロフラゼプ

〔ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制・無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈等を起こすことが報告されている。 催眠作用• ロフラゼプ酸エチルは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックスのジェネリックです。 1989年に発売され、抗不安薬の中では最も新しいお薬です。