大塚家具、久美子社長が辞任 根強かった「求心力ない」の声

家具 大塚 家具 大塚

横浜、大阪南港のアウトレット店舗とあわせて販売終了品や店頭展示品等を集約販売していくことで既存店舗の展示品入替えの活性化を図り、さらに魅力的な家具、家電を取り揃え、住まいのトータル提案のより一層の向上を進めてまいります。 市場はとっくに久美子社長にバツを付けており、本来であれば久美子社長が退任して完全にヤマダ主導のもとで再建を図るべきでした。

13

大塚家具「久美子社長」辞任でも続く視界不良

家具 大塚 家具 大塚

しかし、凋落に歯止めがかかりません」 まず、今年4月期決算で、 「純損益77億円の赤字を発表しました。

3

【記者コラム】大塚家具、久美子代表の退任に思う

家具 大塚 家具 大塚

「三世代にわたるお客様の応援」 「広大な店舗・豊富な品ぞろえ」 「従業員の対面販売力」 「取引先との関係・効率的流通」 さらに、高付加価値販売戦略回帰のための施策として、 「三世代消費に対応できる販売」 「ご案内・対話重視の販売(ただし希望者は自由に入店)」 「『大塚家具で買うこと』自体を付加価値にできる販売」 の3点を強調していた。

大塚家具の「家具屋姫」久美子社長辞任に学ぶ、経営者がやってはいけない3つのこと (1/2)

家具 大塚 家具 大塚

それ以外の15カ月は、すべて前年割れだ。

15

大塚家具、上場廃止の猶予期間入り…4期連続赤字でも久美子社長“居座り”の異常さ

家具 大塚 家具 大塚

自らの業態を「インターナショナルデザインセンター」( International Design Center)と称し、頭文字を取った「 IDC」を商標の一部としている。

9

苦境続く大塚家具「もう面倒みきれないかも」とボヤくヤマダ電機幹部も

家具 大塚 家具 大塚

朝日新聞 2018年4月9日• 20年4月期の16カ月間で既存店売上高が前年を上回ったのは昨年9月のみ。 「」 「」 この記事は、久美子社長の責任という論調です。 チャンスがあれば、早く辞めたいと思う人が大半を占めていても、何ら不思議ではありません。

15

大塚家具、上場廃止の猶予期間入り…4期連続赤字でも久美子社長“居座り”の異常さ

家具 大塚 家具 大塚

大塚家具は昨年12月、ヤマダ電機に第三者割当増資を引き受けてもらい、子会社となった。

11

大塚家具、上場廃止の猶予期間入り…4期連続赤字でも久美子社長“居座り”の異常さ

家具 大塚 家具 大塚

15年1月に再び社長に就任すると、高級家具を扱う戦略を巡り、勝久氏との対立が表面化。 「リア王」(光文社古典新訳文庫、安西徹雄訳)の有名なセリフだ。 企業が成長の踊り場に立った時や業績が下降線に陥った時などは、ややもすると過去の成長モデルを否定して全く新しいビジネスモデルに移ることが最善の策であるかのように思いがちですが、実は祖業のある企業においては祖業を踏まえてこそ、新たなビジネスにひと工夫や差別化が生まれることにもなるのです。

19