「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展 11月14日、東京都現代美術館で開幕

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

『おんなのクリエイトブック』 講談社• (・)• 」、フェイ・ダナウェイを菩薩に仕立てた「西洋は東洋を着こなせるか」、沢田研二を起用した「時代の心臓を鳴らすのは誰だ」……。

14

石岡瑛子の足跡たどる回顧展開催、「ドラキュラ」衣装など展示(写真24枚)

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

1970年、石岡瑛子デザイン室として独立し、やなどの広告での日本で活躍。

16

石岡瑛子の足跡たどる回顧展開催、「ドラキュラ」衣装など展示(写真24枚)

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

石岡瑛子が手がけた斬新な『地獄の黙示録』 1979年 の日本版ポスターを気に入っていたコッポラ監督が、石岡瑛子に衣装デザインを依頼。 映画や演劇では、セットデザインと衣装デザインの両方を手がけたほか、衣装担当のみの作品も少なくない。

11

東京都現代美術館 企画展「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」 |COMPETITION & EVENT|TECTURE MAG(テクチャーマガジン)

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

本展では、「Timeless:時代をデザインする」「Fearless:出会いをデザインする」「Borderless:未知をデザインする」の3部で会場を構成。 石岡瑛子(いしおか・えいこ) 1938年、東京生まれ。 『Eiko by Eiko』( 風姿花伝の訳書)• 会場を入ると、石岡が亡くなる半年前に行われたというインタビューの肉声が耳に入ってくる。

12

比類ない熱量、「少数者」としての自負 石岡瑛子展が開幕 東京都現代美術館

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

出会い:協働から生まれるオリジナリティ 石岡瑛子 アルバム・パッケージ『TUTU』 マイルス・デイヴィス作、1986年 アート・ディレクション 1980年代半ば以降、石岡はマイルス・デイヴィスやフランシス・フォード・コッポラといった世界の名だたる表現者との緊張に満ちたコラボレーションのなかで、デザインの表現領域を広げてゆく。 2012年1月に彼女が他界した後、3月に全米公開、翌2013年1月にはアカデミー賞衣装デザイン賞候補に選出された。 石岡瑛子とは… 「すごい日本人」と、世界が称賛した人物。

16

石岡瑛子の仕事を映画で振り返る 『ドラキュラ』『白雪姫と鏡の女王』 Bunkamuraル・シネマにて急遽上映決定 | ガジェット通信 GetNews

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

映画「ドラキュラ」(フランシス・F・コッポラ監督、1992年)の衣装 展示風景。 バタフライ」 美術監督• 女優の前田美波里さんをフィーチャーし、一世を 風靡 ふうびしました。 「私」の可能性を拡張し続けた石岡瑛子の仕事は、2020年の現在を生きる私たちに力強いメッセージを届けます。

石岡瑛子さん世界初の大規模回顧展が開幕 コッポラ、ターセム・シンらとのコラボレーション : 映画ニュース

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

本展では、石岡のデビューから1980年代のニューヨークへ渡るまでの日本の仕事に焦点を当てる。

5

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」 ACROSS(アクロス)

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

絶妙な立体感があるグラフィックは三角形や円錐形などの構造体をわざわざ作り、組み合わせて写真を撮影したうえでイラストに落とし込んだという。 開会式・衣装 著書 [ ]• 「表現者にとって一番大切なのは鍛錬」とバイタリティの塊のような生涯を送った彼女。 中核をなす展示はターセム・シン監督と組み、衣装を担当した3本の映画 「ザ・セル」「落下の王国」「白雪姫と鏡の女王」。

11

「石岡瑛子」展 比類ない熱量、「少数者」としての自負

展 石岡 瑛子 展 石岡 瑛子

受賞歴 [ ] 主な受賞歴は以下の通り。 「石岡瑛子 血が、涙が、汗がデザインできるか」展は東京都現代美術館で2月14日まで。 からは活動拠点をニューヨークに移し、メディアに限定されない分野で国際的に活動した。

14