相談しても事件化せず女性死亡 質問答えない県警本部長:朝日新聞デジタル

本 部長 由美子 杉内 本 部長 由美子 杉内

で起きた女性事件をめぐり、が事件前に女性の家族から繰り返し相談を受けていたことについて、10日ので県警の対応を追及する質問が出た。

杉内由美子とは

本 部長 由美子 杉内 本 部長 由美子 杉内

委員から家族への聞き取りや第三者によるを求められた杉内本部長はこれまで同様、「遺族のお考えやご意見を把握している」と述べ、については改めて否定した。 杉内由美子警視正は埼玉県出身、44歳、東大農、平成5年警察庁。 (平塚学、大村久) 杉内由美子・佐賀県警本部長のコメント(福岡県太宰府市の女性暴行死事件関連部分のみ) それから先ほどからご質問をいただいています、太宰府の事案で亡くなられた女性のご家族から、鳥栖警察署に対して申し出をいただいていた件に関してですけれども、まず被害者の女性がお亡くなりになられたことにつきまして、ご遺族のみなさまに心よりお悔やみを申し上げたいと思います。

被害届不受理で主婦暴行死 佐賀県警本部長「再調査の予定なし」と県議会で答弁

本 部長 由美子 杉内 本 部長 由美子 杉内

杉内本部長は県議会の答弁で「(高畑さんの夫が相談で来署した際は)事件が連続して発生し、担当でない警察官が対応して事件性の判断ができなかった」と釈明したが「一連の申し出(相談)の趣旨は身の危険を訴えるものではなく、金銭トラブルだった」との認識を改めて示した。 県警の杉内部長は従来通りの答弁を繰り返した。 終了後、杉内本部長はの取材に無言を通し、から約100のまでで戻った。

ピープル:九州初の女性県警本部長 杉内由美子さん /佐賀

本 部長 由美子 杉内 本 部長 由美子 杉内

県内で多発するニセ電話詐欺やサイバー犯罪、交通事故などの課題解決に意欲を示す。 本部長は2回目。

佐賀県警本部長、従来の答弁繰り返す 女性暴行死めぐり

本 部長 由美子 杉内 本 部長 由美子 杉内

これについての幹部は「被害者が亡くなったことは大変重く受け止めている」「遺族の考えや意見を踏まえ、慎重に事実を確認して調査結果を発表したもの」などと答弁した。 この日は、知事と佐賀市長の定例記者会見と重なった。

6

佐賀県警本部長に就任した杉内由美子さん(50) <人プロフィル>できること精いっぱいに|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

本 部長 由美子 杉内 本 部長 由美子 杉内

警察庁入庁後に被害者支援の立ち上げに携わり、刑事手続きなどの情報提供や相談体制の充実、女性捜査員の育成に尽力した。 杉内本部長は女性と家族に「お悔やみ」を述べつつ、家族からの相談内容は「女性をめぐる金銭貸借トラブル」とし、「被害者に直ちに危害が及ぶ可能性があるとは認められなかった」と、従来と変わらない見解を示した。