【比較】タイトリストのウェッジVOKEY DESIGN「SM7」と「SM8」を解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

バンカーが苦手な方は「58K」がいいですね。 だから、せっかくの基本性能の高さがありながら、選択肢の広さ故に、ミスマッチも起きてしまうかもしれないことを危惧します。 Sグラインドは、Fグラインドよりもバウンスを削ってあることによって、フェースを開いたときのボールの抜けが良くなり、芝生に当たったときのリアクションが変わってきます。

18

タイトリスト ボーケイデザイン SM8 ツアークローム ウェッジ解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

この点ボーケイはすでに先を行っているので、変化はそうそう望めないと思ったほうがいい。

ツアー使用率NO.1のボーケイ 最新モデル 『SM8』ウェッジが登場

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

プログレッシブCG ボーケイの優先順位は他社とは異なる。

8

ギア : 未発表・タイトリスト『ボーケイSM8』のアマ試打レポ。「そりゃ、プロがすぐ替えるのも分かる」

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

ボーケイSM8ウェッジのソール形状 ボーケイSM8ウェッジに限らず、ボーケイウェッジのソール形状はアルファベットで表されていて、その形は様々です。 ゴルフブランドで8代も続くというのは非常に珍しいこと。 今回試打させてもらったモデルは「SM8」というモデル。

タイトリスト ボーケイデザイン SM8 ツアークローム ウェッジ解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

ボーケイによると、これは重心位置が後ろにありすぎるせいで起こるのだという。

【比較】タイトリストのウェッジVOKEY DESIGN「SM7」と「SM8」を解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

一般には、スティープ(鋭角)に振るプレーヤーはハイバウンス、シャロー(ゆるやか)に振るならローバウンス寄りが良いとされている。 「SM8」は打感がソフトになっていて、グリーン周りからの距離の短いアプローチでもボールがフェースに乗るように感じられます。

16

タイトリスト・ボーケイ/ウェッジの選び方

Sm8 ボーケイ ウェッジ Sm8 ボーケイ ウェッジ

2s;-webkit-transition-property:transform,margin,max-height;transition-duration:. 耐久性は非常に重要だ。 従来のモデルからヘッドの重心位置が変わったことは、打ってみてすぐに分かりました。

8