母をたずねて三千里

三 里 て を たずね 母 千 三 里 て を たずね 母 千

クリストバル・バルボーサ 人形劇の中では、蛮族にさらわれたマルコの母アンナを救うための手伝いをしている。

4

母をたずねて三千里 感想

三 里 て を たずね 母 千 三 里 て を たずね 母 千

リオデジャネイロで乗り換えた移民船の貧しい人々、ペッピーノ一座との再会、ゆかいな船長とマリオ、移民船のフェデリコじいさんととの再会、インディオの少年パブロ、牛車の旅…たくさんの出会いの中でマルコは助けられ、成長していく。

12

母をたずねて三千里(アニメ)

三 里 て を たずね 母 千 三 里 て を たずね 母 千

ビン屋の主人。 『日刊スポーツ』1976年3月3日付朝刊、テレビ欄。 学校にも行かず生活費を稼ぐ為、働いている。

母をたずねて三千里 原作

三 里 て を たずね 母 千 三 里 て を たずね 母 千

【この項、ファミリー劇場広報資料より引用】」雄大なアルゼンチンの荒野を彷彿させる圧倒的なスケール感ある主題歌も特筆される。

1

母をたずねて三千里!マルコ少年の長い旅路の距離は1万2千キロ!

三 里 て を たずね 母 千 三 里 て を たずね 母 千

マルコはどちらかというと悲観的に考える方で、ジェノバにいる頃からお母さんの手紙が届かないとすぐに病気ではないかと心配したり、次にマルコが行こうとしている所にお母さんはいないのではないかと疑ったり… 明るく元気ではあるのですが、ちょっと考え込んでしまうタイプですね。 牛車隊と旅をしたり、旅人に助けられながら、とうとうお母さんのいる家に到着しました。 物語はエンリコという小学校4年生の少年の1年間の学校生活を描いた日記と、その間のお父さんとお母さんからエンリコに宛てた手紙、そして毎月の学校で読まれる物語の3つから成り立っており、これが10月から7月までの10ヶ月にわたって構成されている。

3

母をたずねて三千里について

三 里 て を たずね 母 千 三 里 て を たずね 母 千

登場人物 ジェノヴァ出身またはそこで初めて登場した人物 マルコ・ロッシ 声 - 本作品の主人公。 病人からお金も取らずに診察するピエトロの方針に愛想をつかしているが、医術の心だけは忘れていない。 ヤコボ 声 - マルコの家の屋根裏に住んでいるおじいさん。

13